奥川プロ志望表明も…セV巨人ドラ1佐々木朗希に2つの根拠

公開日: 更新日:

 今秋のドラフト1位候補、星稜の奥川恭伸(3年)が29日、プロ志望届を提出することを明言した。

 この日、茨城国体1回戦で智弁和歌山と対戦。4回途中6安打2失点で初戦敗退となった試合後、「出すことに決めました。もともとやりたいと思っている中で(両親から)最後に決めるのは自分と。そこは慎重に話をして、自分の意思で挑戦したいと決めた」と明かした。

 中日阪神が興味を示すなど、準優勝した夏の甲子園以降、奥川人気が高騰。もうひとりの目玉、大船渡の163キロ右腕・佐々木朗希(3年)に関しては現在、日本ハムが1位指名を公言しているが、ある球団のスカウトは「佐々木が一番いい素材なのは誰もが認めるけど、手つかずの原石過ぎて、果たして育成できるのか。一体いつ使えるようになるのか。見通しが立たないんです」と言う。最終的に完成度で上回る奥川が1番人気になる可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る