西武・大石達也が引退へ 最速155km剛腕を壊した“真犯人”は

公開日: 更新日:

 アマ時代の輝きを取り戻すことは、かなわなかった。

 3日、西武の大石達也(30)が戦力外通告を受けた。2010年ドラフトで斎藤(日本ハム)、福井(楽天)とともに「早大三羽烏」ともてはやされ、最多の6球団が競合したものの、鳴かず飛ばず。今季は、2試合で勝ち負けなしの防御率15・43。中継ぎとしてプロ9年で132試合に登板し、5勝6敗8セーブ、12ホールドという物足りない数字しか残せなかった。現役は続行せず、引退する意向だという。

 早大時代はMAX155キロの抑えとして活躍。しかし、クジを引き当てた渡辺監督(当時、現GM)の「先発として大きく育てたい」という方針の下、1年目の春季キャンプから先発転向に取り組むことになった。

 当時、西武は涌井(現ロッテ)や岸(現楽天)らが主力におり、一軍先発枠は極めて狭き門。大石は周囲に負けじと飛ばした結果、フォームを崩してしまった。プロで150キロを投げたことは一度もないままだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

もっと見る