西武・大石達也が引退へ 最速155km剛腕を壊した“真犯人”は

公開日: 更新日:

 アマ時代の輝きを取り戻すことは、かなわなかった。

 3日、西武の大石達也(30)が戦力外通告を受けた。2010年ドラフトで斎藤(日本ハム)、福井(楽天)とともに「早大三羽烏」ともてはやされ、最多の6球団が競合したものの、鳴かず飛ばず。今季は、2試合で勝ち負けなしの防御率15・43。中継ぎとしてプロ9年で132試合に登板し、5勝6敗8セーブ、12ホールドという物足りない数字しか残せなかった。現役は続行せず、引退する意向だという。

 早大時代はMAX155キロの抑えとして活躍。しかし、クジを引き当てた渡辺監督(当時、現GM)の「先発として大きく育てたい」という方針の下、1年目の春季キャンプから先発転向に取り組むことになった。

 当時、西武は涌井(現ロッテ)や岸(現楽天)らが主力におり、一軍先発枠は極めて狭き門。大石は周囲に負けじと飛ばした結果、フォームを崩してしまった。プロで150キロを投げたことは一度もないままだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る