原監督は勝利至上主義 佐々木ドラ1位指名の度量はあるのか

公開日: 更新日:

 巨人は4日、都内の球団事務所でスカウト会議を行った。長谷川スカウト部長は1位候補となるA評価は「8人」とし、「投手が多い。(大船渡)佐々木君、(星稜)奥川君、(明大)森下君はA評価の中でも上」と説明した。

 1位の最終決定は「全権」の原監督が参加予定のドラフト前日16日のスカウト会議になるという。同部長は当初から佐々木を「特A」と評価している。現状でのビッグ3の位置づけは「佐々木、奥川、森下」の順とみられるが、チーム関係者によると、「1位は3人のうちの誰か。紛糾しています」というから予断を許さない。問題は最終決定を原監督が下すということである。

「能力でいえば163キロ右腕の佐々木。スカウト部長をはじめ、現場はゾッコンだし、普通なら決まりのはずでした。ただ、原監督の契約はあと2年。現実問題として、体づくりや育成に数年の時間がかかりそうな佐々木で良しとするか。リーグ優勝したとはいえ、チーム防御率3・77はリーグ4位。先発もリリーフ陣も苦しんだだけに、原監督の要望はズバリ『即戦力』と聞いています」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  6. 6

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る