原監督は勝利至上主義 佐々木ドラ1位指名の度量はあるのか

公開日: 更新日:

 巨人は4日、都内の球団事務所でスカウト会議を行った。長谷川スカウト部長は1位候補となるA評価は「8人」とし、「投手が多い。(大船渡)佐々木君、(星稜)奥川君、(明大)森下君はA評価の中でも上」と説明した。

 1位の最終決定は「全権」の原監督が参加予定のドラフト前日16日のスカウト会議になるという。同部長は当初から佐々木を「特A」と評価している。現状でのビッグ3の位置づけは「佐々木、奥川、森下」の順とみられるが、チーム関係者によると、「1位は3人のうちの誰か。紛糾しています」というから予断を許さない。問題は最終決定を原監督が下すということである。

「能力でいえば163キロ右腕の佐々木。スカウト部長をはじめ、現場はゾッコンだし、普通なら決まりのはずでした。ただ、原監督の契約はあと2年。現実問題として、体づくりや育成に数年の時間がかかりそうな佐々木で良しとするか。リーグ優勝したとはいえ、チーム防御率3・77はリーグ4位。先発もリリーフ陣も苦しんだだけに、原監督の要望はズバリ『即戦力』と聞いています」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る