打撃は下降線…DeNA筒香メジャー挑戦で付く値段と予想序列

公開日: 更新日:

 スポーツライターの友成那智氏は「李大浩がソフトバンクからメジャー挑戦したケースとダブる」と言う。

「日本では中軸を打っていた井口や松井稼頭央や岩村に需要があったのは守れるうえに、2番打者もこなせるタイプだったからです。そこへいくと李大浩や筒香は器用じゃない。守れないし、足も期待できません。33歳で海を渡った李大浩は、メジャー昇格した場合に年俸100万ドル(約1億700万円)、出来高も含めて最大300万ドル(約3億2000万円)のマイナー契約でした。筒香は李大浩より若いだけに1年のメジャー契約で年俸150万ドル(約1億6000万円)、出来高も含めて最大400万ドル(約4億3000万円)程度ではないか」

■4、5番手の外野手か2番手のDH

 そして、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  2. 2

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  3. 3

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  4. 4

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  7. 7

    伊藤健太郎を待ち受ける生き地獄…違約金・慰謝料・引退説

  8. 8

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  9. 9

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  10. 10

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

もっと見る