ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

公開日: 更新日:

 国体終了後にプロ表明をした奥川恭伸(星稜)。U18W杯・カナダ戦では右肩の状態が万全ではない中で、7回1失点。18三振を奪う快投でメジャースカウトもうならせた。夏の甲子園では智弁和歌山戦で延長14回を一人で投げ、3安打1失点、23奪三振でプロのスカウトの度肝を抜いた。最速154キロの直球はもちろん、キレのあるスライダー、フォーク、カーブを交える投球術、大舞台での勝負強さは折り紙付きだ。プロ12球団は、同じ高校生の佐々木朗希(大船渡)よりも「完成度が高い」と評価。巨人中日ロッテに加え、阪神も1位指名の有力候補に挙げるなど、今秋ドラフトでは1番人気になる可能性もある。

 そんな中、奥川の周辺は阪神の動向にヤキモキしているという。

「阪神は、本気で高校生投手を指名するつもりなんですか?」

 さる地元関係者が訝しげにこう言えば、「甲子園のファンのヤジは強烈だし、阪神の藤浪の扱い方を見ていると、そりゃ不安にもなりますよ」と、奥川を知るアマ球界関係者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る