ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

公開日: 更新日:

「素晴らしい戦いぶりを見せている選手はもちろん、ここまで導いたJJをリスペクトしている」

 公約通り、ラグビーW杯で日本を史上初の決勝トーナメントに進出させた「JJ」ことジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC=49)に、強豪チームのHCから賛辞の声が相次いでいる。

 日本代表は12日のプール最終戦でスコットランドを一蹴。最新の世界ランキングで過去最高の7位に浮上した。その指揮を執るジョセフHCの手腕を高く評価しているのである。日本協会はすでに、今年12月までの契約を2021年までの2年間、延長する方針。本人も続投に前向きな姿勢を見せており、大会終了後にも条件などの詳細を話し合うという。

 複数のラグビー関係者によれば、ジョセフHCの現在の年俸は約4000万円。これにテストマッチやW杯などの国際大会での勝利給やボーナスなども加わり、最大で約1億円になる契約内容とみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  2. 2

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  5. 5

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  6. 6

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  7. 7

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

  8. 8

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  9. 9

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  10. 10

    野党時代から構想 英語試験民営化は自民政権復帰で急加速

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る