大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

公開日: 更新日:

「5、4、3、2、1、ゼロー!」

 電光掲示板の時計が試合終了を示す後半80分に近づくと、横浜国際競技場を満員に埋め尽くした6万7666人の大観衆は、自然とカウントダウンを始めた。

ちょうど80分を知らせるホーンがスタジアムに鳴り響いた時、スクラムハーフの田中史朗は後方で待つフルバックの山中亮平へパス。それを受けた山中がタッチにボールを蹴り出した瞬間、この10年間、日本ラグビー界が最大の目標として掲げたW杯ベスト8の悲願は叶った。

 スタジアムは割れんばかりの大歓声に包まれ、思わず胸に熱いものがこみ上げる。ラグビーの歴史が変わったーー。その現場に立ち会えたことが、これほど幸せに感じるとは思いもしなかった。

 それにしても、後半のスコットランドの逆襲には鬼気迫るものがあった。前半を終えた段階では21対7という大差でジャパンにリードを許していたにもかかわらず、後半に入ると怒涛の反撃。後半55分には1トライ1ゴール差の28対21にまで肉薄したのである。残り時間は約25分。多くの日本人が逆転されることを覚悟したのではないだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  6. 6

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  7. 7

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る