永田洋光
著者のコラム一覧
永田洋光スポーツライター

出版社勤務を経てフリーになり、88年度からラグビー記事を中心に執筆活動を続ける。2010年に週刊メールマガジン「ラグビー! ラグビー!」を立ち上げ、現在に至る。07年「勝つことのみが善である 宿澤広朗全戦全勝の哲学」(ぴあ)でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。近著に「新・ラグビーの逆襲: 日本ラグビーが『世界』をとる日」(言視舎)などがある。

ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

公開日: 更新日:

 日本がついに悲願のW杯ベスト8に進出した。

 これまでW杯で一度も勝てなかったスコットランドを、28対21と実力で破っての勝利だった。

 かつて正月の全国高校大会(花園)で、歴史に残る100メートル独走トライを挙げた松島幸太朗(桐蔭学園出身)が、0対7から試合を振り出しに戻すトライを奪い、それをアシストしたのが、公立の福岡高校で花園出場経験を持つ福岡堅樹だ。

 試合後の選手たちは、「被災した方々にラグビーで元気を取り戻していただきたい」と話した稲垣啓太を筆頭に、口々に甚大な被害をもたらした台風19号の被災者に心を寄せたが、それ以上に勇気づけられたのが、全国の高校ラグビー部で、今まさに花園を目指している高校生たちだろう。

 自分たちが花園の舞台を経験してハードワークに励めば、世界の舞台で勝利をつかむことができる――そんな未来をはっきりと思い浮かべることが可能になったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る