永田洋光
著者のコラム一覧
永田洋光スポーツライター

出版社勤務を経てフリーになり、88年度からラグビー記事を中心に執筆活動を続ける。2010年に週刊メールマガジン「ラグビー! ラグビー!」を立ち上げ、現在に至る。07年「勝つことのみが善である 宿澤広朗全戦全勝の哲学」(ぴあ)でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。近著に「新・ラグビーの逆襲: 日本ラグビーが『世界』をとる日」(言視舎)などがある。

ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

公開日: 更新日:

 日本がついに悲願のW杯ベスト8に進出した。

 これまでW杯で一度も勝てなかったスコットランドを、28対21と実力で破っての勝利だった。

 かつて正月の全国高校大会(花園)で、歴史に残る100メートル独走トライを挙げた松島幸太朗(桐蔭学園出身)が、0対7から試合を振り出しに戻すトライを奪い、それをアシストしたのが、公立の福岡高校で花園出場経験を持つ福岡堅樹だ。

 試合後の選手たちは、「被災した方々にラグビーで元気を取り戻していただきたい」と話した稲垣啓太を筆頭に、口々に甚大な被害をもたらした台風19号の被災者に心を寄せたが、それ以上に勇気づけられたのが、全国の高校ラグビー部で、今まさに花園を目指している高校生たちだろう。

 自分たちが花園の舞台を経験してハードワークに励めば、世界の舞台で勝利をつかむことができる――そんな未来をはっきりと思い浮かべることが可能になったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る