秋山に加えバレにも触手 ソフト3年連続日本一でなぜ大補強

公開日: 更新日:

 まだまだ「食い足りない」ようだ。

 日本シリーズで巨人を蹴散らし、3年連続日本一に輝いたソフトバンク。セの覇者に圧倒的な戦力差を見せつけたものの、複数のスポーツ紙がオフの大補強を報じている。海外FA権行使が濃厚の西武・秋山に加え、ヤクルトのバレンティンにも触手を伸ばすというのだ。

 ソフトバンクは短期決戦の強さとは裏腹に、ペナントレースに限れば2年連続V逸。来季こそ、リーグ優勝した上で日本一になりたいはずだ。そのための補強なら理解できるにしても、選手がダブつくことにならないか。

「実は球団内には主に中堅を守る柳田の一塁転向プランがある。柳田はケガが多く、今季も開幕直後に負傷。38試合の出場にとどまった。守備の負担の少ない一塁へのコンバートは、以前から温めていた。一塁の内川は37歳とトシがトシ。秋山は柳田の後釜の中堅手にうってつけです」(球団OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る