まさか鳥谷狙い? DeNA浮いた「筒香マネー」4億円の使い道

公開日: 更新日:

「世界一レベルが高い場所だと思っています」

 29日、DeNAの筒香嘉智(27)がポスティングシステムによるメジャー挑戦を表明。「いろんな想定をして、いろんな準備をして、試合をやっていく中で自分の引き出しの中で柔軟に対応していきたい」と語った。

 主砲が去り、残されたチームの戦力ダウンは避けられない。リーグ5位のチーム防御率(3・93)をカバーする得点力が求められ、筒香の穴を埋め、本塁打や打点を量産できる強打者の補強が不可欠になってくる。

 原資はある。筒香に払っていた年俸4億円が浮き、金額はともかくポスティングによる譲渡金も入る。しかも、今季チームはリーグ2位となったものの、3位の阪神に「下克上」を許してCSファーストステージで敗退。タイトルホルダーは、セーブ王の山崎(年俸2億5000万円)と打点と本塁打の2冠を取ったソト(同9500万円)の2人だけ。この2人の年俸アップは避けられないが、ロペスや宮崎ら高給取りの個人成績がダウンしていることもあり、“出費”は最低限に抑えられそうなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る