元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

目指すのはマークされてもスピードで相手をぶち抜ける選手

公開日: 更新日:

前田大然(22歳・ポルトガル1部マリティモFW)

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)の故郷として知られるマディラ諸島。首都リスボンから空路2時間のリゾート地で、東京五輪出場を目指す快足FW前田大然(マリティモ)が躍動している。当初3カ月間は、家族も通訳もサポートスタッフも不在の中で孤軍奮闘。新天地で公式戦10試合出場3得点と気を吐いている。同リーグ所属の中島翔哉(ポルトMF)以上の輝きを放っている22歳の現状に迫った。

 ◇  ◇  ◇

「日本人がいないリーグに行きたい」と熱望した前田にマリティモからオファーが届いたのは7月半ば。6月に長女・爽世(そよ)ちゃんが誕生したばかりで「正直、迷った」と言うが、J2松本山雅から1年間のレンタル移籍を決断。オファーの1週間後には、単身でマリティモに赴いた。

 最初はホテルから練習場に通った。ポルトガル語を話せず、サントス監督の指示も理解できない。仲良くなったブラジル人FWに手助けしてもらいつつ、必死に食らいつくのが精一杯だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る