卓球エース伊藤も逆転負け…東京五輪は銀メダルが精一杯?

公開日: 更新日:

 壁は永遠に崩せないのか。

 卓球のワールドカップ(W杯)団体戦は10日、男女の決勝が行われ、日本の女子は中国に0―3で敗れ、W杯9連覇を許した。中国男子も韓国を3―1で破り、8連覇を達成した。

 第1試合のダブルスは、石川佳純(26=世界ランク8位)、平野美宇(19=同10位)組が陳夢(25=同1位)、劉詩雯(28=同2位)組にストレート負け。ポイントはシングルスの第2試合だった。

 伊藤美誠(19=同7位)対孫穎莎(19=同3位)は、伊藤が2ゲームを先取。2―2で迎えた5ゲームは序盤からリードを奪い10―7のマッチポイント。そこから孫にまさかの5連続ポイントを許し、逆転負けを喫した。続く平野も劉に歯が立たず、日本は完敗の銀メダルに終わった。

 中国はリオ五輪単金メダル、団体連覇の丁寧(29=同6位)をベンチに下げ、日本勢の中で最も恐れるエース伊藤に、こちらも将来のエース候補である若い孫をぶつけてきた。孫の身長は160センチ。丁寧(172センチ)ほど長身ではないが、終始冷静でパワフルな両ハンドは伊藤(150センチ)より一枚上だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  10. 10

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

もっと見る