世界卓球で157位に完敗号泣 張本智和の涙は“五輪への焦り”

公開日: 更新日:

 目からあふれ出したのは悔し涙ではなかった。

 25日、ブダペストで開催中の世界卓球で張本智和(15=世界ランク4位)が4回戦で姿を消した。相手は世界ランク157位の安宰賢(19=韓国)。敗退が決まるとその場でうずくまり、マイクを向けられると思わず号泣した。

「(13歳でベスト8に入った)2年前よりも成績が落ちた、ただそれだけです。世界卓球が本当に楽しかったです、昨日までは……。たった1回の負けが悔しくてたまらない。(東京)オリンピックまで時間がない。強くなるために毎日練習します……本当にごめんなさい」

 東京五輪はあと1年3カ月後に迫っている。東京で金メダルを狙う張本は「中国の厚い壁」を破ることを最大の目標に掲げ、昨年12月のITTFグランドファイナルでは中国選手をなぎ倒して大会史上最年少で優勝。徐々に中国との差を縮めているかにみえた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る