世界卓球で157位に完敗号泣 張本智和の涙は“五輪への焦り”

公開日: 更新日:

 目からあふれ出したのは悔し涙ではなかった。

 25日、ブダペストで開催中の世界卓球張本智和(15=世界ランク4位)が4回戦で姿を消した。相手は世界ランク157位の安宰賢(19=韓国)。敗退が決まるとその場でうずくまり、マイクを向けられると思わず号泣した。

「(13歳でベスト8に入った)2年前よりも成績が落ちた、ただそれだけです。世界卓球が本当に楽しかったです、昨日までは……。たった1回の負けが悔しくてたまらない。(東京)オリンピックまで時間がない。強くなるために毎日練習します……本当にごめんなさい」

 東京五輪はあと1年3カ月後に迫っている。東京で金メダルを狙う張本は「中国の厚い壁」を破ることを最大の目標に掲げ、昨年12月のITTFグランドファイナルでは中国選手をなぎ倒して大会史上最年少で優勝。徐々に中国との差を縮めているかにみえた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る