ジョセフHC契約延長も…ラグビー日本は守備コーチ残留せず

公開日: 更新日:

 日本ラグビー協会は18日、先のラグビーW杯で、史上初の8強に導いたジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC=49)との契約延長を発表。契約期間は、来年1月1日から2023年12月31日までで、次回(23年)フランス大会でも指揮を執る。

 一時は再契約白紙も取り沙汰されたニュージーランド人指揮官は「やらなければならない課題がある。もう一度、日本代表とチャレンジする道を選んだ。今まで以上にチームを強化していきたい」と協会を通じてコメントした。

■ハンセンコーチの流出は痛手

 すでに、ジョセフHCの懐刀の1人であるトニー・ブラウン・アタックコーチは続投。その一方で、ディフェンス担当のスコット・ハンセン・コーチは来季、スーパーラグビーのクルセーダーズのアシスタントコーチ就任が内定している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  4. 4

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  5. 5

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  6. 6

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  7. 7

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  8. 8

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  9. 9

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る