巨人がポスティング容認も「海外FAまで9年」短縮は道険し

公開日: 更新日:

 残る牙城は1つだ。

 巨人山口俊(32)のポスティングによるメジャー挑戦を容認。球団史上初の事例となった。これまでポスティングを認めてこなかったのは巨人とソフトバンクの2球団のみ。巨人が抜けたことで、今後はソフトバンクの動向が注目されるが、今も「メジャーに挑戦したいなら海外FA権(9年)を取ってから」という方針を変えていない。

「将来メジャーに行きたい選手はソフトバンク入りを避ける」

「ポスティングによるメジャー挑戦を直訴している千賀がかわいそう」

 そんな声も上がり始め、ソフトバンクはすっかり悪者扱いだが、もともとポスティングによる海外移籍の可否は球団の権利。それがいつしか、渡米したい選手の増加で「選手の要望」に変わった。容認されたポスティングの中には、年俸の高騰で抱えきれなくなった選手を「選手の夢を応援したい」とキレイ事を言って“売却”してきた球団もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  4. 4

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  8. 8

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る