巨人がポスティング容認も「海外FAまで9年」短縮は道険し

公開日: 更新日:

 残る牙城は1つだ。

 巨人山口俊(32)のポスティングによるメジャー挑戦を容認。球団史上初の事例となった。これまでポスティングを認めてこなかったのは巨人とソフトバンクの2球団のみ。巨人が抜けたことで、今後はソフトバンクの動向が注目されるが、今も「メジャーに挑戦したいなら海外FA権(9年)を取ってから」という方針を変えていない。

「将来メジャーに行きたい選手はソフトバンク入りを避ける」

「ポスティングによるメジャー挑戦を直訴している千賀がかわいそう」

 そんな声も上がり始め、ソフトバンクはすっかり悪者扱いだが、もともとポスティングによる海外移籍の可否は球団の権利。それがいつしか、渡米したい選手の増加で「選手の要望」に変わった。容認されたポスティングの中には、年俸の高騰で抱えきれなくなった選手を「選手の夢を応援したい」とキレイ事を言って“売却”してきた球団もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る