16歳にして大人の色気…SP首位コストルナヤは別次元の滑り

公開日: 更新日:

 女子フィギュアも4回転時代に突入。15歳のトルソワ、シェルバコワのロシア勢は、数種類の4回転を跳ぶし、紀平も4回転サルコーにチャレンジしている。

 氷上を軽々と跳ね回る彼女たちの姿は、子供の曲芸を連想させるが、そこへいくと22日のNHK杯で世界最高得点となる85.04をたたき出し、SP首位に立ったアリョーナ・コストルナヤ(16=ロシア)の演技はちょっと違う。

 16歳にしては、ルックスはずいぶんと大人びているし、その表情からは色気すら感じさせる。この日は冒頭のトリプルアクセルを軽々と決めるなど種類の異なる3回転ジャンプをことごとく成功させたうえ、表現力は群を抜く。23日のフリーでは4回転にこだわらなくても、他を圧倒できるということか。

【写真特集】コストルナヤが優勝 NHK杯女子フィギュア

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る