16歳にして大人の色気…SP首位コストルナヤは別次元の滑り

公開日: 更新日:

 女子フィギュアも4回転時代に突入。15歳のトルソワ、シェルバコワのロシア勢は、数種類の4回転を跳ぶし、紀平も4回転サルコーにチャレンジしている。

 氷上を軽々と跳ね回る彼女たちの姿は、子供の曲芸を連想させるが、そこへいくと22日のNHK杯で世界最高得点となる85.04をたたき出し、SP首位に立ったアリョーナ・コストルナヤ(16=ロシア)の演技はちょっと違う。

 16歳にしては、ルックスはずいぶんと大人びているし、その表情からは色気すら感じさせる。この日は冒頭のトリプルアクセルを軽々と決めるなど種類の異なる3回転ジャンプをことごとく成功させたうえ、表現力は群を抜く。23日のフリーでは4回転にこだわらなくても、他を圧倒できるということか。

【写真特集】コストルナヤが優勝 NHK杯女子フィギュア

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る