東大初のプロ出身監督を直撃「野球人生の全て吐き出す」

公開日: 更新日:

 創部100年目でプロ出身者は初めてとなる。今月、東大野球部監督に就任した井手峻監督(75)である。同大OBの井手監督は、1966年第2次ドラフト3位で同大出身2人目のプロ野球選手として中日に入団。10年間の現役生活を終えた後は二軍監督やコーチを歴任、さらに球団代表などフロントの要職を務めるなど、50年近くにわたり、プロの世界に身を置いた。2015年2月に退団後、東京都立新宿高校で特別コーチとなり、このたび母校で指揮を執ることに。指導への情熱が衰えることを知らない井手監督に、話を聞いた。

■球場近くで“単身赴任”

 ――東大の監督になったいきさつは?

「前任の浜田監督が契約更新の時期を迎え、今回はOBから公募しようということになった。何年か前なら自ら立候補しましたが、年齢のこともあるし、立候補は控えようと考えていた。そんな中、私の同級生が背中を押してくれ、ご指名いただいた。50年間、いろいろな野球を見てきて、勉強してきたことを還元したいと考えていた。持っているもの全てを吐き出してから死のうと思ってますよ(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  3. 3

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  4. 4

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  5. 5

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  6. 6

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  7. 7

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  8. 8

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  9. 9

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る