美馬とZOZOマリンは“相性最悪” それでもロッテ入りの勝算

公開日: 更新日:

 25日、ロッテ楽天から国内FA権を行使した美馬学(33)の獲得を発表。条件は3年契約で総額3・9億円程度とみられる。松本球団本部長は「精神的にタフな選手。ココ一番という場面での投球は素晴らしいものがある」と喜んだ。

 美馬にとってロッテは「鬼門」だ。今季、パ・リーグ各球団の本拠地球場(ほっともっと神戸、大宮を除く)の中で、ロッテがホームにするZOZOマリンは最も相性が悪かった。3試合に登板し、防御率6・11、被本塁打4本はいずれもワースト。昨季もZOZOで2試合に登板して防御率7・71と球場別では最も打ち込まれた。幕張には嫌な思い出も多いはずだ。

 美馬に対しては巨人ヤクルトも獲得に乗り出していた。提示された金銭面の条件は巨人のほうが良かったともいわれる中、それでもあえて「鬼門」を選んだのは、これまで苦手にしてきた敵をバックにつけて戦える、つまり最も打ち込まれたロッテナイン相手に投げずに済むという計算も働いたからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る