福田がロッテ入り決断 決め手は高校時代からの“太い人脈”

公開日: 更新日:

 相思相愛だった――。26日、ソフトバンクからFA権を行使した福田秀平(30)がロッテ入りを決断した。

 福田は自身のブログで決断した理由を説明。交渉役を務めた松本球団本部長と、恩師である鳥越ヘッドの名前を挙げた。2006年高校生ドラフト1巡目でソフトバンクに入団した福田だが、その当時はロッテのスカウトだった松本本部長と“相思相愛”の仲といわれた。しかし、ロッテは同年ドラフトでソフトバンクとガチガチの関係とされた大嶺祐太(現ロッテ)を1巡目指名。ソフトバンクとの競合の末にクジを引き当てた。

 するとソフトバンクは返す刀で福田を外れ1位で指名。大嶺を取られたことによる“報復”といわれた。鳥越ヘッドはかつてソフトバンクでコーチを務めていた。福田は「プロ野球選手として生きていく覚悟を決めるきっかけを作ってくださった」(福田のブログから)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る