渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

公開日: 更新日:

 これまで仏頂面でプレーしていた連中は、「自分」を変えなければ、ファンに見向きもされなくなるだろう。

■金メダルを取りたい

 さらに渋野はツアー終盤の伊藤園レディスで予選落ちすると、「賞金女王って私の口から言ってはいけない」と涙を流した。ところが、翌週の大王製紙エリエールで国内4勝目を挙げて、賞金女王争いを最終戦まで盛り上げた。これも渋野の意外性のひとつといえる。

 今季は約758万円差で賞金女王タイトルを逃してランク2位に終わったが、「これから来年の東京五輪代表に選ばれるように頑張って、選ばれたら金メダルを取りたい」(渋野)と抱負を語った。

 気負うことなく、自然体でゴルフファンをワクワクさせる人間力が渋野には備わっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  4. 4

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る