渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

公開日: 更新日:

 7月に入ったというのに小雨の降る寒い日で、2人とも1番からパーセーブが続き、最終組について歩くギャラリーも静かに試合を見守っていた。

 そして4番ホールで渋野がティーショットを打った直後に、小さい男の子が大きな声で「ナイスショット」とそれまでの静寂を突き破る声援を送った。

 すると、すかさず渋野もその子に向かって「ありがとうっ!」と大声で返した。

 勝てばツアー2勝目で2160万円の大金も手に入る。

 普通ならピリピリムードが漂うさなかに、渋野が見せたほのぼのとした対応は女子ツアーでは珍しい。

 そのホールで渋野は初バーディーを奪い、さらに観客の声援を受けて逆転優勝へと突っ走った。

 全英女子オープンでも、初の海外試合を楽しむかのように、連日笑顔で観客と気軽にハイタッチをしていた。優勝争いのさなかも中継カメラに向かって駄菓子を食べたり、これまでの選手とは明らかに違った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る