鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔野球文化学会会長・名城大准教授

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

トランプ弾劾案可決に胸をなでおろす大リーグ経営者たち

公開日: 更新日:

「与野党の対立は頂点に達した」という考えはむしろ、一面的なものでしかない。民主党は「支持者への点数稼ぎ」の機会を手にし、共和党には「民主党の横暴」を訴えることを可能にし、トランプにとっては「支持者の結束」をもたらすという意味で、今回の弾劾訴追は一種の「三方一両得」の展開だと言えよう。

 これに加えて興味深いのは、12月12日に行われた英国の総選挙でボリス・ジョンソンの率いる保守党が過半数を占める議席を獲得して勝利したことだ。

 なぜなら英国のEUからの離脱を巡る16年の国民投票は「有権者の怒り」「グローバリゼーション」「移民」「誇りの喪失」「ポピュリズム」の高まりを示し、結果的にトランプに有利な状況をつくったからだ。

 従って、今回の英国の総選挙と米国下院の弾劾訴追案の可決は、トランプに「米国第一主義」を唱えれば大統領選挙に勝てるという確信を与えたと言えよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る