世界ランク1位の矜持 首位をキープし続ける桃田賢斗を直撃

公開日: 更新日:

バドミントン男子シングルス・桃田賢斗(25)

 かつての金メダル候補が上り調子である。2016年リオ五輪前に違法賭博に手を染めて、資格停止処分を受けた男子シングルス王者の勢いが止まらないのだ。

 19年はワールドツアーファイナル(12月=中国・広州)を制するなど、主要国際大会で11度の優勝を果たし、年間最多記録を更新した。18年9月に日本男子初の世界ランキング1位に浮上して以来、トップをキープし続けている。

 好調の理由について桃田は「今年は修正点が、すぐに結果に出るようになり、コートで不安になる回数が減りました。これまでは相手のミス待ちだったが、今は攻めて(点を)取りにいこうと思えるようになったのが結果につながっています」と話している。

 資格停止処分から復帰後は、それまでやらなかった練習場の掃除やゴミの片付けを率先して行うなど、反省の色を見せていた。同時に、コート上でも品行方正になり、ジャンピングスマッシュなど相手を挑発するような行為は封印。プレーに迫力を欠いたが、最近は感情をむき出しにするなど、強気なプレーが目立ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  8. 8

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  9. 9

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る