世界ランク1位の矜持 首位をキープし続ける桃田賢斗を直撃

公開日: 更新日:

バドミントン男子シングルス・桃田賢斗(25)

 かつての金メダル候補が上り調子である。2016年リオ五輪前に違法賭博に手を染めて、資格停止処分を受けた男子シングルス王者の勢いが止まらないのだ。

 19年はワールドツアーファイナル(12月=中国・広州)を制するなど、主要国際大会で11度の優勝を果たし、年間最多記録を更新した。18年9月に日本男子初の世界ランキング1位に浮上して以来、トップをキープし続けている。

 好調の理由について桃田は「今年は修正点が、すぐに結果に出るようになり、コートで不安になる回数が減りました。これまでは相手のミス待ちだったが、今は攻めて(点を)取りにいこうと思えるようになったのが結果につながっています」と話している。

 資格停止処分から復帰後は、それまでやらなかった練習場の掃除やゴミの片付けを率先して行うなど、反省の色を見せていた。同時に、コート上でも品行方正になり、ジャンピングスマッシュなど相手を挑発するような行為は封印。プレーに迫力を欠いたが、最近は感情をむき出しにするなど、強気なプレーが目立ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  2. 2

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  8. 8

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  9. 9

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る