巨人岡本が侍J三塁取り 坂本コンバート頓挫でチャンス到来

公開日: 更新日:

 11日、巨人のキャンプを視察した侍ジャパン稲葉篤紀監督(47)。原監督から、打撃ケージ裏の、通称「原タワー」に招かれると、「ウチの若大将」と紹介された岡本和真(23)、チームリーダーの坂本勇人(31)と談笑し、「五輪も頼むぞ」とゲキを飛ばした。

 侍ジャパンの正遊撃手候補筆頭は坂本だが、西武の源田ら実力者が控えるポジションでもある。それに対し三塁は人材難にあえぐ。ソフトバンクのベテラン松田、西武のユーティリティープレーヤー外崎ら、決め手に欠くのが現状だ。

 だからだろう。昨年11月のプレミア12の際は稲葉監督の意向で、遊撃の坂本が三塁の練習を行った。稲葉監督はこう言った。

「なんせプレミアで練習はしたけど、一度も試合で試せていない。いきなり(五輪)本番でやれるかどうか。多分、今年は(巨人では)ショート。サードはやらないみたいなので、どうするか。しっかり考えていく」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    カジノ反対”ハマのドン” 横浜市長選挙控え政治活動へ

もっと見る