野村監督殺人事件 本人の逆鱗に触れ取材拒否を通告された

公開日: 更新日:

「日刊ゲンダイ? オマエんとこはノースピークや」

 初対面の挨拶で、いきなりぶすっと言われた。

 野村監督ヤクルト就任1年目。アリゾナ州ユマ・キャンプ初日。クラブハウスの前で、報道陣が監督を囲んでいる。その前で取材拒否。さらに監督、右腕を伸ばし、人さし指をあらぬ方向へ向けて、「あっちへ行け」と、通告した。

 記念すべき監督1年目のキャンプ初日。プロ野球界ではお正月にあたるときのことだった。

 原因には心当たりがあった。キャンプ前に、ゲンダイは野村監督を「殺していた」からだ。

 キャンプ1週間ほど前のこと、野村監督は慶応病院に緊急入院した。これを球団は伏せて、報道陣が動いた。この大事な時期に何があったのか。

「やばいらしいよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  3. 3

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  8. 8

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る