六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

「岡田メソッド」の本質は「考える力と状況判断力」にある

公開日: 更新日:

 監督として日本代表を初のワールドカップ(1998年フランス大会)に導き、2度目の挑戦となった2010年南アフリカ大会ではベスト16に導いた岡田武史氏(63)が2019年12月、「岡田メソッド ―自立する選手、自律する組織をつくる16歳までのサッカー指導体系」という本を出版した。

 この本に興味を持ったNECがデジタル化を図ろうとし、プロモーションセミナーが2月15日に横浜市内で開催された。

 午前中は14歳の少年たちに実技講習を行い、午後は指導者向けに座学講習を実施。そこで岡田氏は、現役を引退した理由や愛媛のFC今治(今シーズンからJ3リーグに昇格)のオーナーに就任した経緯などを明らかにした。

 現役引退を決意したのは、1990年に開催されたゼロックス・スーパーカップのJSL(日本サッカーリーグ)選抜対バイエルン・ミュンヘン戦でのことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る