ラモス瑠偉の溢れんばかりの「ヴェルディ愛」が古巣を立て直す

公開日: 更新日:

 元日本代表の背番号10・ラモス瑠偉(63)が、Jリーグの超名門クラブ立て直しのためにひと肌脱ぐことになった。2009年からJリーグ2部を主戦場としている東京ヴェルディのチームダイレクター(TD)に就任。古巣の復活のためにクラブの要職に就き、奮闘することになったのである。

 2月10日、東京・稲城市のクラブハウスで東京Vの羽生英之社長と記者会見に臨んだラモスTDは「自分はこのクラブを誰よりも愛している。良くするためにはどうするか? まず足りないものがある。それはヴェディのDNA」と言い切り、続けて「テクニックがあるのは当たり前。面白くて楽しいサッカーをやりながら、絶対に忘れてはいけないものがある。それは〈必死になって戦うこと〉〈1対1で絶対に負けないこと〉だ」と強調した。

 さらにラモスTDは、1月にタイで行われたU─23アジア選手権で惨敗した森保ジャパンの引き合いに出しながら「監督が(批判されて)叩かれている。違うと思う。試合を見ていると選手たちに〈戦う姿勢〉が足りない。育成段階で(選手たちが周囲から)甘やかされている。そもそも(招集されて)5日ほど集まり、それで〈戦え〉と教えられるものなのか?」と話し、東京Vの育成部門に関しても「紅白戦を見ていても激しく行かなないといけないと感じる。練習から厳しくいきたい」とキッパリ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る