佐々木裕介
著者のコラム一覧
佐々木裕介フットボールツーリズム アドバイザー

1977年生まれ、東京都世田谷区出身。旅行事業を営みながらフリーランスライターとしてアジアのフットボールシーンを中心に執筆活動を行う。「フットボール求道人」を自称。

タイリーグ開幕現地行脚 男に惚れて女にキュンとなった夜

公開日: 更新日:

 3週間前、U―23(23歳以下)アジア選手権(1月8日~26日)の取材でバンコクに滞在していた。

 その時は春節休暇を楽しむ大陸からの旅行者で賑わっていたが、今その絵はない。大型連休はなくとも、普段から至るところでマンダリンが飛び交っている街なのだが、中国人団体客でいつも賑わいをみせているラチャダピセーク通りやタラート・ロッファイ(鉄道市場)にすら人影がないほどの状況なのだ。

 世界を不安と心配のるつぼへと誘っている新型肺炎による余波は、ここバンコクでも起きている。

 そんなどこか静かな週末でも、筆者の心は騒ぎ立っていた。2020年タイリーグが開幕したからである。16チームで構成されるタイリーグ1(タイ1部)は国内最高峰リーグだ。毎節8試合が行われる。開幕節は金、土、日曜(14、15、16日)で行われたことで、3試合を取材することが可能だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る