柔道なのに寝技練習禁止? 濃厚接触回避でコロナ感染防ぐ

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスは日本のお家芸にも暗い影を落としている。

 全日本柔道連盟は27日、都内で強化委員会を開き、東京五輪代表に世界選手権2連覇中で女子52キロ級の阿部詩(19)ら男女合わせて12人を選出。阿部一二三(22)と丸山城志郎(26)が争う男子66キロ級は全日本選抜体重別選手権(4月=福岡)後に決まる。

 今回選ばれた12人はいずれも世界選手権での表彰台を経験。特に女子はいずれも銀メダル以上を獲得しており、史上最強の呼び声が高い。本番では金メダルラッシュに沸く可能性もあるが、ここに来て暗雲が垂れ込めてきた。

 競技の性質上、練習から身体の濃厚接触は避けられず、練習相手が保菌者であれば、コロナウイルスの感染リスクは極めて高くなる。7月25日の競技初日まで5カ月を切っており、代表選手がウイルスに侵されれば一大事。感染を防ぐため、選手の所属先の多くが、当面は練習での寝技を禁止するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る