大迫傑“五輪バブル”東京マラソン4位もまた1億円でボロ儲け

公開日: 更新日:

 五輪本番を見据えたとき、この記録にどんな意味があるのか。

 東京五輪代表切符の最後の1枚を争う東京マラソンは、大迫傑(28)が自らの持つ日本記録を更新する2時間5分29秒の4位でゴール。2度目の1億円ボーナスを手にし、「9月に(代表選考会=MGC)3位になってから一人苦しい戦いだったが、しっかり走れてよかった。山あり、谷ありで焦った部分もあった。勝ちたいという気持ちだけでやってきた。自分の体と対話しながら走れました。ベストを尽くせた」と、涙ながらに話した。

■3人目は決まり

 8日に行われる五輪最終選考レースのびわ湖毎日は、国内招待選手のレベルから大迫の記録を抜くのはほとんど無理。「3人目の五輪代表は大迫で決まり」と言っても過言ではないが、日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(63)は、この日の大迫の走りを評価しつつも、「このようなレースをしているうちはメダルは難しい」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る