広島“忘れられた元ドラ1”高橋大樹の開花に首脳陣ニンマリ

公開日: 更新日:

 広島ドラフト1位右腕、森下暢仁(明大)が先発ローテーション入りに大きく前進した。

 開幕カードの相手となる1日の中日戦に登板して3回1安打無失点の好投。140キロ台後半の直球を内外角に制球良く投げ込み、レギュラークラスが名を連ねる中日打線を手玉に取った。MAXは150キロ。他球団スコアラーも「変化球の精度もいいし、先発ローテーション入りは決定でしょう。最低でも2ケタは勝つんじゃないか」と太鼓判である。

 佐々木、奥川で沸いた昨秋ドラフトでも、「即戦力なら森下がナンバーワン」と12球団のスカウトが口を揃えた逸材だ。地元放送局関係者が、「首脳陣の頭の中ではすでにローテの中心にという位置づけ。むしろ、首脳陣の目を引いたのはこちらでしょう」というのが、途中出場した外野手の高橋大樹(25)である。

 五回裏の守備から入って、七回の第1打席で左翼へソロ本塁打。九回にも2打席連続となる2ランを左翼へぶち込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る