鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

なでしこがスペインに完敗…ショックは想像以上に大きい

公開日: 更新日:

 アメリカ・フロリダ州で開幕した「シービリーブス杯」に参加している日本女子代表(世界ランク10位)は、初戦でスペイン女子代表(13位)と対戦した(日本時間6日午前6時20分開始)。

 旧来の女子サッカー界はパワー、スピード、高さを追い求めてアメリカやドイツ、北欧勢や中国が世界トップを争ってきた。なでしこジャパンはフィジカルの差を埋めるのではなく、長短のパスを織り交ぜながらボール支配率を高め、ゲームの流れを支配して勝利を掴み取るサッカーを推し進め、2011年ドイツW杯で世界女王となった。

 なでしこと同じパスサッカーを採用し、着実にレベルアップを果たしてきたスペインだが、今回の対戦では、なでしこの良さが随所に見られると思っていた。結論から言おう。完全に日本の上を行ってしまった。これが正直な感想である。

 スペインの選手は高い技術をベースに前線、両サイド、最終ライン……と、エリアを問わずに正確にパスを回し、局面に応じたプレスを的確にかけ続けた。攻守の切り替えもスムーズだったし、チーム全体の連動性も実に見事なレベルだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る