森保Jの試練 コロナ禍W杯予選延期なら五輪メダルに赤信号

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスに翻弄されている日本サッカー界。Jリーグの<3月15日までの公式戦開催延期>にとどまらず、3月26日のW杯アジア2次予選・ミャンマー戦(愛知・豊田市)、同31日の敵地でのモンゴル戦の開催が危ぶまれている。

「W杯予選延期が東京五輪代表チーム強化の足かせとなる」と某サッカー関係者は話す。

 日本サッカー協会は<ミャンマーとモンゴルに連勝して2次予選通過を確定><6月4日の神戸・タジキスタン戦と9日の大阪・キルギス戦は東京五輪代表を出場させ、本大会前の貴重な強化試合とする>という青写真を描いていた。

 ところが、W杯予選の開催が厳しい状況に追い込まれ、どうにか「中立国で日程通りに開催というプランもある」(前出の関係者)というが、たとえばミャンマー戦が中立国での開催となれば地元ファンの声援の後押しがなくなり、ホームのアドバンテージもなくなる。

「タジキスタン、キルギス戦が消化試合じゃなくなってしまえば、東京五輪代表の強化プランが絵に描いたモチとなる」と前出の関係者。「五輪で金メダル獲得」を公言している森保監督も、想定外のコロナ禍に心を痛めているはずである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず