森保Jの試練 コロナ禍W杯予選延期なら五輪メダルに赤信号

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスに翻弄されている日本サッカー界。Jリーグの<3月15日までの公式戦開催延期>にとどまらず、3月26日のW杯アジア2次予選・ミャンマー戦(愛知・豊田市)、同31日の敵地でのモンゴル戦の開催が危ぶまれている。

「W杯予選延期が東京五輪代表チーム強化の足かせとなる」と某サッカー関係者は話す。

 日本サッカー協会は<ミャンマーとモンゴルに連勝して2次予選通過を確定><6月4日の神戸・タジキスタン戦と9日の大阪・キルギス戦は東京五輪代表を出場させ、本大会前の貴重な強化試合とする>という青写真を描いていた。

 ところが、W杯予選の開催が厳しい状況に追い込まれ、どうにか「中立国で日程通りに開催というプランもある」(前出の関係者)というが、たとえばミャンマー戦が中立国での開催となれば地元ファンの声援の後押しがなくなり、ホームのアドバンテージもなくなる。

「タジキスタン、キルギス戦が消化試合じゃなくなってしまえば、東京五輪代表の強化プランが絵に描いたモチとなる」と前出の関係者。「五輪で金メダル獲得」を公言している森保監督も、想定外のコロナ禍に心を痛めているはずである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る