森保Jの試練 コロナ禍W杯予選延期なら五輪メダルに赤信号

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスに翻弄されている日本サッカー界。Jリーグの<3月15日までの公式戦開催延期>にとどまらず、3月26日のW杯アジア2次予選・ミャンマー戦(愛知・豊田市)、同31日の敵地でのモンゴル戦の開催が危ぶまれている。

「W杯予選延期が東京五輪代表チーム強化の足かせとなる」と某サッカー関係者は話す。

 日本サッカー協会は<ミャンマーとモンゴルに連勝して2次予選通過を確定><6月4日の神戸・タジキスタン戦と9日の大阪・キルギス戦は東京五輪代表を出場させ、本大会前の貴重な強化試合とする>という青写真を描いていた。

 ところが、W杯予選の開催が厳しい状況に追い込まれ、どうにか「中立国で日程通りに開催というプランもある」(前出の関係者)というが、たとえばミャンマー戦が中立国での開催となれば地元ファンの声援の後押しがなくなり、ホームのアドバンテージもなくなる。

「タジキスタン、キルギス戦が消化試合じゃなくなってしまえば、東京五輪代表の強化プランが絵に描いたモチとなる」と前出の関係者。「五輪で金メダル獲得」を公言している森保監督も、想定外のコロナ禍に心を痛めているはずである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る