全日とWWEが合体? プロレス界再編加速で黄金期復活に期待

公開日: 更新日:

 今年1月、プロレス団体のひとつ、「プロレスリング・ノア」(ノア・グローバルエンタテインメント運営)がサイバーエージェントに買収された。サイバーエージェントではすでに、2017年に「DDTプロレスリング」を傘下に収めているため、ノアの買収で同社関連会社のAbemaTVのプロレスコンテンツの強化に弾みがついた。

 そして、ここにきて新たな業界再編の動きが起こった。新日本プロレスと並ぶメジャー団体、全日本プロレスが所属の秋山準選手による世界最大のプロレス団体WWE視察(5月)によって、WWEとの“電撃合体”が噂されている。WWEはニューヨーク証券取引所に上場。18年の売上高は日本円でおよそ1000億円の優良エンターテインメント企業だ。こうした再編の動きが活発になっている背景には“プロレス不況”があったという。

「ゴールデンタイムでテレビ放映された80年代に黄金期を迎えましたが、90年代後半から2000年代にかけて、K-1や総合格闘技に人気が押されていました。各団体オーナー企業が転々としたものの、スター選手の交代など時代が移り変わるなかどこもプロレスというコンテンツを生かし切れず、興行成績は振るわず赤字経営でした」(プロレスに詳しいライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

  10. 10

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

もっと見る