全日とWWEが合体? プロレス界再編加速で黄金期復活に期待

公開日: 更新日:

 今年1月、プロレス団体のひとつ、「プロレスリング・ノア」(ノア・グローバルエンタテインメント運営)がサイバーエージェントに買収された。サイバーエージェントではすでに、2017年に「DDTプロレスリング」を傘下に収めているため、ノアの買収で同社関連会社のAbemaTVのプロレスコンテンツの強化に弾みがついた。

 そして、ここにきて新たな業界再編の動きが起こった。新日本プロレスと並ぶメジャー団体、全日本プロレスが所属の秋山準選手による世界最大のプロレス団体WWE視察(5月)によって、WWEとの“電撃合体”が噂されている。WWEはニューヨーク証券取引所に上場。18年の売上高は日本円でおよそ1000億円の優良エンターテインメント企業だ。こうした再編の動きが活発になっている背景には“プロレス不況”があったという。

「ゴールデンタイムでテレビ放映された80年代に黄金期を迎えましたが、90年代後半から2000年代にかけて、K-1や総合格闘技に人気が押されていました。各団体オーナー企業が転々としたものの、スター選手の交代など時代が移り変わるなかどこもプロレスというコンテンツを生かし切れず、興行成績は振るわず赤字経営でした」(プロレスに詳しいライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る