朝乃山は2敗キープ 大関とりの“最低ライン”は条件付き11勝

公開日: 更新日:

 師匠の高砂親方(元大関朝潮)が中継席で見守る中、何とか2敗をキープした。

 大関とりを狙う朝乃山(26)は16日、正代に勝利。得意の右四つの体勢をなかなかつくれずに苦戦したものの、右を差して寄り切った。これで7勝2敗。ここ2場所で21勝しているので、3場所33勝の大関昇進基準まで残り5勝だ。

 残る6日間で5勝1敗は楽な数字ではない。しかも、関脇という番付上、上位戦は後半に集中している。白鵬鶴竜の両横綱に、大関の貴景勝とも当たっていない。「まだ1敗できる」というより、「彼ら相手に1敗しかできない」と考えれば、一見、ハードルは高いように見える。

 ある親方は「番付を見ればそうだが……」と、こう続ける。

「全勝の白鵬はともかく、他の2人はそこまで高い壁ではない。序盤で2敗した鶴竜は尻上がりに良くなってきているが、相撲にムラっ気があるのでどこまで好調が続くか。貴景勝は昨年の大胸筋のケガが響いているのかもしれない。ケガで稽古量が減ったからか、全体的に太った印象です。今場所は相手を押し切れず、逆に押し負けるケースが多い。朝乃山なら突き押しをこらえて、得意の四つ相撲に持ち込めるでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  7. 7

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  8. 8

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

もっと見る