朝乃山は2敗キープ 大関とりの“最低ライン”は条件付き11勝

公開日: 更新日:

 師匠の高砂親方(元大関朝潮)が中継席で見守る中、何とか2敗をキープした。

 大関とりを狙う朝乃山(26)は16日、正代に勝利。得意の右四つの体勢をなかなかつくれずに苦戦したものの、右を差して寄り切った。これで7勝2敗。ここ2場所で21勝しているので、3場所33勝の大関昇進基準まで残り5勝だ。

 残る6日間で5勝1敗は楽な数字ではない。しかも、関脇という番付上、上位戦は後半に集中している。白鵬鶴竜の両横綱に、大関の貴景勝とも当たっていない。「まだ1敗できる」というより、「彼ら相手に1敗しかできない」と考えれば、一見、ハードルは高いように見える。

 ある親方は「番付を見ればそうだが……」と、こう続ける。

「全勝の白鵬はともかく、他の2人はそこまで高い壁ではない。序盤で2敗した鶴竜は尻上がりに良くなってきているが、相撲にムラっ気があるのでどこまで好調が続くか。貴景勝は昨年の大胸筋のケガが響いているのかもしれない。ケガで稽古量が減ったからか、全体的に太った印象です。今場所は相手を押し切れず、逆に押し負けるケースが多い。朝乃山なら突き押しをこらえて、得意の四つ相撲に持ち込めるでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  6. 6

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  7. 7

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る