六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

欧州パンデミック宣言と中国人の“イタリア北部侵攻”を思う

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスは、このところ海外からの帰国者に感染者が増加している。先だって東南アジアから帰国した旧知のJクラブ関係者も、自宅での隔離待機を強いられている。Jリーグ再開の延期が続くのもやむを得ないだろう。

 WHOがパンデミック宣言をした欧州は、さらに深刻な状況だ。21日にはレアル・マドリード(スペイン)の元会長ロレンス・サンス氏が、新型コロナウイルスに感染して、76歳で死去した。同氏は1995年から2000年までレアルの会長を務め、ギャラクティコ=「銀河系軍団」の基礎を築いたことで知られている。

 イタリアでは、ミランのテクニカル・ダイレクターを務めている元イタリア代表主将パオロ・マルディーニ(51)から陽性反応が出た――とクラブが発表した。

 そのイタリアでは新型コロナウイルスの死者が22日に5000人を突破。感染者も5万9138人になった。もともとイタリアは、ハグなど濃厚接触の習慣があることが感染拡大の原因のひとつと言われていたが、それにしても感染拡大のペースは尋常ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る