六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

欧州パンデミック宣言と中国人の“イタリア北部侵攻”を思う

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスは、このところ海外からの帰国者に感染者が増加している。先だって東南アジアから帰国した旧知のJクラブ関係者も、自宅での隔離待機を強いられている。Jリーグ再開の延期が続くのもやむを得ないだろう。

 WHOがパンデミック宣言をした欧州は、さらに深刻な状況だ。21日にはレアル・マドリード(スペイン)の元会長ロレンス・サンス氏が、新型コロナウイルスに感染して、76歳で死去した。同氏は1995年から2000年までレアルの会長を務め、ギャラクティコ=「銀河系軍団」の基礎を築いたことで知られている。

 イタリアでは、ミランのテクニカル・ダイレクターを務めている元イタリア代表主将パオロ・マルディーニ(51)から陽性反応が出た――とクラブが発表した。

 そのイタリアでは新型コロナウイルスの死者が22日に5000人を突破。感染者も5万9138人になった。もともとイタリアは、ハグなど濃厚接触の習慣があることが感染拡大の原因のひとつと言われていたが、それにしても感染拡大のペースは尋常ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る