六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

欧州パンデミック宣言と中国人の“イタリア北部侵攻”を思う

公開日: 更新日:

 借りていたアパートからは地下鉄と路面電車を利用してムッソリーニが作ったミラノ中央駅に向かい、そこからトリノ、ボローニャ、ヴェローナなどのスタジアムに移動した。

 仕事で遅くなって地下鉄と路面電車がなくなれば歩いて帰るしかない。そのたびにドゥオーモ広場を横目にしながらトボトボと歩いたものである。

 当時のドゥオーモ広場は世界各国からの観光客が訪れ、韓国人やアフリカ系がプラダやグッチなどブランド品のコピーをズラリと並べ、観光客に売りつけていた。

 大聖堂には無料で入れ、徒歩もしくはエレベーターで屋上に登ってミラノ市街を一望できた。ドゥオーモ広場から路面電車に乗り、数駅先にあるグラツィエ教会の有名な壁画も予約なしで手軽に見られた。

 レオナルド・ダ・ビンチの「最後の晩餐」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  10. 10

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

もっと見る