大谷のWBCや八村の五輪にも“待った” 保険会社の厳しい規定

公開日: 更新日:

 日本を代表する米国のプロアスリートが来年の国際舞台で日の目を見ることはなさそうだ。

 大リーグのエンゼルス・大谷翔平(25)、NBAのウィザーズ・八村塁(22)のことだ。

 来年3月の野球の国別対抗戦(WBC)、延期になった東京五輪への出場に揃って待ったをかけられそうなのだ。

 WBCを巡っては、メジャーを代表する左腕でサイ・ヤング賞3度のドジャース・カーショーが「投手に負担がかかるため、開催は厳しい」と発言。大リーグと選手会はワールドシリーズを11月下旬の感謝祭までに終了することで合意しているだけに、オフシーズンが短くなる上に、急ピッチでの調整を強いられることに難色を示した。

 一方のNBAは今季のレギュラーシーズンを中止した場合、来季への持ち越しを検討している。試合方式などは未定ながら、五輪イヤーに試合数(82)が大幅に増えるのは必至だ。MLB同様、コンディショニングの問題から、米国のドリームチームを筆頭に各国代表としての五輪出場に二の足を踏む選手は少なくないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  8. 8

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  9. 9

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る