NBAまだ1年目の八村塁 早くも殿堂入りが確実視される理由

公開日: 更新日:

 米プロバスケットボールNBAのレジェンドで、1月にヘリコプターの墜落事故で亡くなったコービー・ブライアント氏(元LAレイカーズ)が、今年の殿堂入りメンバーに選ばれた。

 同氏は5度のNBAファイナル制覇の他、18度のオールスター出場、歴代4位の3万3643得点をマーク。五輪のドリームチームにも名を連ね、2008年北京、12年ロンドンの2大会連続の金メダル獲得に貢献した。16年を最後にコートを去った同氏は現役時代の晩年から殿堂入りが確実視されていただけに、順当な選出である。

 NBAの殿堂入り資格は引退後3年を経過した選手、コーチ、審判に与えられる。選手に関しては、優勝経験やタイトル受賞歴が重視されるが、プロ、アマ問わず米国のバスケに功績を残した選手も対象になる。国籍に関する規定もなく、16年には、ロケッツで8シーズンプレーした姚明(中国)が、アジア出身選手では初めて選ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  9. 9

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  10. 10

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

もっと見る