コービーがヘリ墜落死…日本人選手も対岸の火事にあらず

公開日: 更新日:

 米プロバスケットボールNBAのレジェンド、コービー・ブライアントが搭乗するヘリコプターが26日(日本時間27日)、カリフォルニア州で墜落し、死亡した。享年41。

 レイカーズの元スター選手の訃報に、八村塁(21)の所属するウィザーズ戦などでは、ブライアントの背番号「8」と「24」にちなんで、両軍とも最初の攻撃で意図的に「24秒」と「8秒」バイオレーションの反則を犯し、哀悼の意を示した。

 複数の米メディアなどによれば、事故現場は当時、深い霧に包まれており、視界不良でパイロットが操縦を誤った可能性があるという。

 ブライアントは現役時代から、ヘリでアリーナに出勤。生涯年俸は400億円超だけに、引退後もプライベートでヘリを使うなど、その優雅さは度々、話題になったが、今回の墜落事故は八村や日本人メジャーリーガーにとっても、決して人ごとではない。

 NBA、MLBとも、ヘリやプライベートジェットで移動する機会があるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る