東京五輪延期で“公約”を守る皮肉…開催中止ならどうなる?

公開日: 更新日:

 世界が対応と成り行きを注目している。

 10日、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会は、国際オリンピック委員会(IOC)の理事会に、1年延期された東京五輪のコスト削減と計画の簡素化を報告し、合意を得た。組織委員会の森会長は「コロナで世界中が大混乱し、多くの犠牲者も出ている。今までのような華美、豪華なことが多くの人の共感を得られるだろうか」と語ったが、いまさら何だ。

 思い出してほしいのは、「コンパクト五輪」というキャッチフレーズだ。東京五輪は選手村を中心とした半径8キロ圏内に85%の競技会場を配置し、費用も抑えたコンパクトな五輪が一つの売りだった。ところが、招致段階では7300億円だった大会経費は2兆円超まで膨らみ、「コンパクト」なる言葉はいつしか消えてしまった。

 東京五輪の招致が決まった2013年9月のIOC総会で安倍首相は、福島原発事故の問題を「完全にコントロールされている。汚染水は0・3平方キロ内でブロックされている」と説明。立候補ファイルには「この時期の(東京の)天候は晴れる日が多く、且つ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候」とあるが、すべて嘘である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

もっと見る