武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

ランキング改正で現実味が…あるか錦織圭“棚ボタ”GS初制覇

公開日: 更新日:

 始まったのか、まだなのか、スポーツの無観客試合は手応えもなくトキメキにはほど遠い。テニスも世界中で動き出してはいるものの、いまなお一寸先は闇のままである。

 新型コロナウイルスの影響で3月からツアーは中断。ウィンブルドンは中止に追い込まれ、5月の花のパリで開かれる全仏オープンも枯れ葉模様の9月末に延期された。ツアー再開の予定は、8月14日から米国ワシントンで開かれるシティ・オープン500、翌週のシンシナティ・マスターズをニューヨークに移し31日から全米オープンを強行という青写真だ。

 ただ、ニューヨークのパンデミックは収まっても、西海岸やフロリダなどに飛び火し、予断は許さない。先月末にヨーロッパでジョコビッチ、ディミトロフらが集団感染したかと思えば、今度は米国期待のティアフォーが陽性に。フロリダを拠点とする22歳はジョージアのエキシビションに出場したが、感染源は不明だ。フロリダには錦織も大坂なおみもいる……そんな中、錦織に(恐らく)うれしいニュースが流れてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る