池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

公開日: 更新日:

 白血病からの復活を目指す池江璃花子(20)が2日、報道陣にプールでの練習を初公開した。4年後のパリ五輪を目標にするというその姿はしかし、かつてのような筋肉は失われ、脂肪の丸みをほんのり帯びた“普通の女子大生”のように見えた。

 これまで鍛え上げた肉体をまたイチから再構築するのは想像を絶する努力が必要だろうが、スポーツ選手の身体に詳しいフィジカルトレーナーの平山昌弘氏は「復活を遂げる可能性は大いにあると思います」と、こう続けた。

「もともと池江選手は欧米選手のように筋肉隆々ではありません。パワフルに押し進むのではなく、体をバランスよく使って効率的に泳ぐタイプ。マラソンでたとえると、大幅にグイグイ進むストライド走法ではなく、小股でリズムよく足の回転数を高めるピッチ走法に近い、と言えば分かりやすいでしょうか。もちろん一定量の筋肉は必要ですが、泳ぎ方の特性と彼女の素質を考えると、4年後には間に合わせられるはずです」

 また平山氏は、闘病生活によって体の筋肉がほとんどリセットされたことがプラスにも働くと言う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ