池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

公開日: 更新日:

 白血病からの復活を目指す池江璃花子(20)が2日、報道陣にプールでの練習を初公開した。4年後のパリ五輪を目標にするというその姿はしかし、かつてのような筋肉は失われ、脂肪の丸みをほんのり帯びた“普通の女子大生”のように見えた。

 これまで鍛え上げた肉体をまたイチから再構築するのは想像を絶する努力が必要だろうが、スポーツ選手の身体に詳しいフィジカルトレーナーの平山昌弘氏は「復活を遂げる可能性は大いにあると思います」と、こう続けた。

「もともと池江選手は欧米選手のように筋肉隆々ではありません。パワフルに押し進むのではなく、体をバランスよく使って効率的に泳ぐタイプ。マラソンでたとえると、大幅にグイグイ進むストライド走法ではなく、小股でリズムよく足の回転数を高めるピッチ走法に近い、と言えば分かりやすいでしょうか。もちろん一定量の筋肉は必要ですが、泳ぎ方の特性と彼女の素質を考えると、4年後には間に合わせられるはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ココイチのバイトテロ「バカ投稿」代償はとてつもなく高い

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「林死刑囚は無罪」元大阪高裁判事が再審を請求したワケ

  4. 4

    元AKBが独学で開業した繁盛ラーメン店の「味の秘密」<1>

  5. 5

    パソナ1000%の衝撃!コロナと五輪でボロ儲けのカラクリ

  6. 6

    田中みな実"チェーン店NG"に大倉忠義が放った父想いの一言

  7. 7

    朝乃山に永谷園NG!CM契約解除は序の口、今後は針のムシロ

  8. 8

    張本サマ、場末の凶状持ちのような山口古巣復帰への発言は

  9. 9

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  10. 10

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

もっと見る