松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

夜の店に出入り…阿炎くんの本音は悪いっすか、だろうなあ

公開日: 更新日:

 最近の力士の四股名がほとんど読めない。「阿武咲」なんか、誰だって「あぶさき」と読むだろう? 何で「おうのしょう」なんだ?

 師匠の「阿武松親方」(先代)から2文字をもらって、花が咲き誇るような力士になってもらいたいという思いで「阿武咲」と付けたんだト。

 その親方だって「あぶまつおやかた」と読むだろう。どうして「おうのまつ」なんだ?

 そんなこと言うなら「阿武松親方」の現役時代の「益荒雄」だって、「えきこうゆう」だろ。いやいや、「えきあらお」と読むやつもいたぞ。

 それを言うなら、「阿武咲」の本名なんて「打越奎也」。……さあ、どう読む? はっはっは、読めんだろ、「うてつふみや」と読むのサ、ざまあみろ。

 そ、それを言うなら、「阿炎」なんかずっと「あえん」と読んでたぞ。なぜ「あび」なんだ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る