「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

公開日: 更新日:

 プロ野球パ・リーグで、ソフトバンクと激しいペナント争いを繰り広げている楽天の三木肇新監督の評価が高い。

 三木監督は大阪・上宮高から1995年のドラフト1位でヤクルトに入団。大型内野手として期待をかけられたが、手首のケガなどもあり、プロ通算の安打はわずか59本で現役生活を終えた。日ハムの二軍コーチから指導者生活をスタート。昨年、楽天で二軍をイースタンリーグ優勝に導き、平石洋介監督に代わって今季から一軍を任された。

 三木監督を楽天に招聘し、一軍監督に抜擢したのは同じヤクルト出身の石井一久GM。そこで気になるのが2人と同じ釜のメシを食った古田敦也元ヤクルト監督だ。強肩の捕手として鳴らし、首位打者のタイトルにも輝き2000本安打も記録。プロ野球選手会労組の会長として、プロ野球史上初のストライキを決行(2004年)。球団数減少の危機を救い、「野村ID野球の後継者」ともいわれて、2006年からヤクルトの兼任監督に就任した。今なお人気、知名度は衰えていないが、退任した2007年を最後にユニホームを着ていない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質