大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

公開日: 更新日:

「前哨戦からすべての試合をしっかり戦えた。とにかく一生懸命プレーしようと思った」

 2年ぶり2度目の全米オープンを制した大坂なおみ(22=世界ランク9位)はこう言った。

 日本時間13日、元世界ランク1位で初制覇を狙ったアザレンカ(31=ベラルーシ)との決勝戦は第1セットを1―6で落とした。「これまでは心が簡単に弱くなっていたけど、本当に戦いたいと思えた」と、第2セット0―2からの逆転劇。昨年の全豪以来、3度目の4大大会制覇だ。

 大坂は人種差別に抗議するため、決勝までの試合数に合わせ、黒人の被害者の名前が入った7枚のマスクを用意。公言通り、決勝まで7枚すべてを着用した。

■大手企業だけで22社

 米国では現在、「ブラック・ライブズ・マター(BLM)」と呼ばれる黒人差別への抗議運動が各地で展開され、大坂や米プロバスケットボールNBAの選手らのアスリートが賛同している。同調する動きは米財界にまで及んでおり、多くの企業が支援を打ち出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  7. 7

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

もっと見る