全仏は辛勝スタート…錦織圭GSで1年ぶり白星の大きな収穫

公開日: 更新日:

「とてもタフな試合だった。出だしが悪かったけど、2、3セット目に感覚をつかめて、最後は踏ん張れた」

 錦織圭(30=世界ランク35位)が汗を拭いながらこう言った。

 日本時間27日の全仏オープンテニス1回戦でダニエル・エバンズ(イギリス=同34位)を1―6、6―1、7―6、1―6、6―4のフルセットで下して2回戦進出。昨年10月に右肘を手術した錦織が4大大会で白星を挙げたのは1年ぶりだ。

 全仏前の3大会は1勝3敗。5セットマッチを乗り切る心身のスタミナを取り戻すことが課題だったが、3時間49分の長丁場を乗り切って試合をモノにした。第4セットを1―6で落としながら、最終セットの要所で集中力を発揮できた点は収穫だろう。

 なお、2回戦の相手ははステファノ・トラバグリア(イタリア=同73位)。ランキングは低いものの、クレー巧者だ。「しっかりと休んで臨みたい」とは試合後の本人だが、力のいるクレーコートで久々のフルセットを戦った反動が気になるところではある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  8. 8

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る