錦織圭が1年ぶり白星も…今年中の完全復活が困難な根拠

公開日: 更新日:

「(1回戦負けの)復帰初戦と比べると、2倍くらい良かった。いまは何より勝つことが大切。試合を重ねれば自信も戻ってくる」

 昨年8月下旬の全米オープン以来、約1年ぶりの勝利を手にした錦織圭(30=世界ランク35位)がこう言った。

 14日、テニスのイタリア国際男子シングルス1回戦でアルベルト・ラモス(同44位)に6―4、7―6でストレート勝ち。右肘手術と新型コロナウイルス感染で実戦から遠ざかっていただけに「ホッとしたところが大きい」という。

 この日はネットに14回出て、そのうち12回でポイントを獲得。

 サーブ&ボレーを含め、積極的にネットに出た錦織を視界良好とみる向きもあるが、「最近のテニスはネットプレーができないと勝てない。あのナダルですら積極的に前に出るようになったし、錦織はそれ以前からネットプレーに力を入れています。それより、いまの錦織に必要なのは自信と心身のスタミナですよ」と、スポーツライターの武田薫氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    歴史を捏造するアベの後継は「なかったこと」にする最低男

  5. 5

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  6. 6

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  7. 7

    小此木防災相 コワモテ3世の三原じゅん子と野田聖子との仲

  8. 8

    平手脱退から10カ月「欅坂→櫻坂」改名特需後はどうなる?

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

もっと見る