武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

全仏はクレーコート…錦織に懸念される心身のスタミナ不足

公開日: 更新日:

 テニスの4大大会の第3弾、全仏オープンが27日に開幕する。毎年5月に行われる花のパリの風物詩も、新型ウイルス感染の影響でここまで日程がずれた。ハードコートの全米オープンが終わったのが9月13日。一転、クレーコートの大舞台という難題に加え、フランスでは再び感染が拡大している。それでも観客を入れてやる……大会の成否は来年の東京五輪の行方も左右する。

 ローランギャロスは通算12回の優勝を誇るナダルの牙城だが、1月の全豪でメジャー通算17勝目を刻んだジョコビッチが勝てば、通算優勝回数でナダルにあと1、今回欠場のフェデラーに2。先の全米で念願のメジャー初Vを手にした27歳のドミニク・ティエムには一昨年、昨年の連続準優勝という実績がある……右肘の手術から1年ぶりに戻った錦織圭の現状が気になる。

 8月半ばのW&Sオープン、全米のハードコート2大会を経てローマのマスターズ~全仏という青写真だったが、W&S直前に陽性が判明。体力のいるクレーコートからの復帰は大きな誤算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  2. 2

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  5. 5

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  6. 6

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    住宅街に巨大な穴…外環道予定ルート“陥没危機地帯”マップ

  9. 9

    学術会議問題に思う 税金は私たちの物で政権の物ではない

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る