元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

堂安律 馴れ合い嫌う「メッシの再来」が口にした強い野心

公開日: 更新日:

堂安律(ビーレフェルト MF・22歳)

「少し遠回りに見える道でも、僕にとっては一番の近道。強くなるために、うまくなるために選んだ決断でした」。9日のカメルーン戦を前に堂安律はオランダの名門PSVから今夏、ドイツ1部昇格クラブにレンタル移籍した真意を打ち明けた。その決断通り、約1年ぶりの代表戦で劇的な進化を示せれば良かったが、不発に終わった。2019年アジア杯以来の代表ゴールは、13日のコートジボワール戦以降に持ち越された。

 ◇  ◇  ◇

 カメルーン戦はこれまで通りの右MFで先発。背番号11の大先輩である三浦カズを超える存在感を発揮すべくピッチに立った。が、前半は守備に忙殺され、持ち前の推進力を発揮できない。

 3バックに移行した後半は、南野拓実(リバプール)と2シャドーを形成。右サイドに張った伊東純也(ゲンク)とのワンツーなどで好機を演出した。だが、シュートゼロで後半20分に久保建英(ビリャレアル)と交代。「得点に飢えている自分は変える必要がない。闘争心や欲をむき出しにして戦いたい」と語っていただけに不完全燃焼感は強かったはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  2. 2

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  6. 6

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  7. 7

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  8. 8

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    不仲の菅と小池「GoToを止めるな!」で利害一致の国民愚弄

もっと見る